カードローンの使用頻度

実際にカーロローンっていうのは使うまではちょっとなぁって感じで遠慮する人が多いものです。

だから、最初はなにかの為に一応カードだけ作っておいて、実際には使わない人がほとんどです。

初心者は使用頻度が非常に少ないのが、普通なんです。

しかし、実際に利用してみるとものすごく便利なことに気づいてヘビーユーザーとなる人が多いですね。

これは最初はどうしても借金だから気をつけないとあとで借金で首が回らなくなると思って警戒している人が多いのです。

 

だから、カードだけ作っておいてなかなか使わない人がたくさんいるのです。

しかし、一度使い、二度使いしていくうちにその借金だから気をつけないといけないっていう認識が薄れてきて、カードローンの便利さと、金利というものに低さに慣れてくるんです。

確かに金利が18%と言うのは非常に高いです。

しかし、これは元本が高くなってから気づくことで月々に5万円や10万円を借りているうちはそんなに大きな問題ではないのです。

 

このくらいの金額なら金利が18%だろうが、10だろうが月々に利息の差はせいぜい何百円でしょう。

 

だから、使っていくうちにカードローンの便利さに気づいてどんどん使用頻度が高くなっていきます。

このように自然とカードローンの使用頻度は上がって行きますが、心配することはありません。

それが普通なのですから。

 

カードローンの金利

先述しましたが、カードローンというのは極度額を限度にいつでも自由に借金が出来る便利な金銭消費貸借のことです。

だから当然法律上はなんの問題もなく、有効な契約です。

しかし、便利で簡便であるがゆえに、唯一の弱点というかデメリットがあります。

それは、何か?

それは金利です。

 

金利がどうしても高くなるのです。

金利が高くなるのは仕方ありません。

とにかく貸したお金を何に使ってもらっても構わないっていうことなので、貸した方としては金利を高くして、ある程度の利益を確保しておかないともしもの時に債権倒れとなり、赤字が出てしまいます。

 

だから、金利は利息制限法いっぱいまでになっています。

昔はグレーゾーンなどがありましたが、現在は最大値の18%以上の金利を取るところはありません。

 

この金利というデメリットをしっかりと認識してカードローンを利用しないとあとで困ることになります。

 

しかし、18%が高いといっても、1ヶ月10万円を借りたとしても、返す金利としては、1500円くらいなので問題はないと思います。

 

ただ複利計算だと大変なことになるので、早めに返済することを肝に銘じてください。

 

ここだけしっかりと認識して、カードローンを利用すれば、問題はないと思います。

カードローンとは

カードローンとは限度額といって借りることのできる最大金額を決めておいて、その最大金額内であればいつでも何度でも借りることのできる借金の形態で金銭消費貸借契約のことです。

だから、普通の借金とかローンを組む場合にはその都度金額を決めて、審査して保証人が必要なら保証人のハンコをもらったりしながらたいへん煩わしい手続きを踏む必要がありますよね。

しかし、カードローンならば、最大金額内であれば、いつでもATMなどからお金を引き出すみたいにして借りることができるのです。

だから、手続きもその都度は必要はないし、簡単にかりることができてお手軽に借金ができます。

その代わりに金額が少額となってしまったり、金利が高いなどの障害がありますが、それ以上に便利に利用することができるので、かなり普及しています。

 

このサイトでは、このカードローンについて間違った解釈や、使い方を間違えている人がたくさんいるので、カードローンの正しい使い方を紹介していきたいと思っています。